高齢者の異変に目配り 丹波で見守り隊発足

  • 2013.05.21 Tuesday
  • 12:26
高齢者の生活の異変をいち早く見つけようと、兵庫県丹波市は23日、同市役所で市内の12事業所と協定を交わし、「高齢者あんしん見守り隊」を発足させた。孤独死などを防ぐため、新聞販売店や郵便局、金融機関などが日ごろの営業の中で高齢者らの変化に目を配る。


 丹波市は4月末時点で65歳以上の高齢者が人口の約28・9%を占め、認知症の人も約2千人いるとされる。高齢者が地域で安心して暮らすため、客との接触が多く生活の変化に気付きやすい事業所に、市が協力を呼び掛けた。

 事業所は、ポストに新聞がたまっている、玄関が開き放し、訪問すればいつもはいるのに出会えないなどの変化に気付いた時に、「市高齢者あんしんセンター」へ連絡する。同センターは訪問したり、家族などと連絡をとったりして安否確認などを行うという。

 協定を締結した事業所の一つ、神戸新聞丹波販売店会の畑善章さん(41)は「戸別配達を行うという特長を生かして地域に貢献したい」と話している。(小尾絵生)
神戸新聞 2013/5/21
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM