孤独死防止へ水道メーター検針員が見守り

  • 2013.03.10 Sunday
  • 20:28
 東日本大震災で被災した八戸市の50代の男性2人が昨年、避難先の市内の公営住宅で相次いで孤独死したことを受け、八戸圏域水道企業団は4月から、水道メーターの検針員による見守りをスタートさせる。市は民生委員にも担当エリアに被災者がいる場合に情報を提供し、協力を要請する方針だ。デーリー東北新聞社2013/03/07
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM